私の大学時代の就職活動は、主にリクナビとマイナビを利用して就職活動をしました。リクナビの方が大手が多く、マイナビは優良中小企業の求人が多かった印象です。使いやすさはリクナビの方が一覧に表示されていて分かりやすいかと思います。主にこれらのサイトを使って100件ほどエントリーしました。

また会社説明会には頻繁に顔を出すようにしていました。説明会の参加の有無でその後の選考の進み具合が変わると言われていたので、説明会には多く出席するようにしていましたが、あまり関係ないような気がします。(ただし、金融関係は説明会の参加の有無が大事になって来るかもしれません。)

私は大手の企業ばかり受けていたので、面接の前に筆記試験が課されている事が多くありました。選考の前にSPIを良く受けましたが、苦手意識があり、よくSPIは落ちました。SPIの対策は大学三年の10月ぐらいから始めたので、遅いという事はなかったとは思いますが、結果としてSPI落ちまくったので、筆記試験全般に苦手意識がある方は早めの勉強をする事をおすすめします。

学生課の就職支援も利用しました。かなり親身になって相談に乗ってくれる人だったので、履歴書の書き方や面接のマナーなど、細かい所まで教えてくれるので、利用してみてはいかがでしょうか。ただ大学の学生課の中ではいい加減の対応を取る人もいるので、できる限り信頼できる人に相談するようにした方がいいでしょう。